音楽

2018年11月23日 (金)

電気結成30周年アルバム&ツアー

■アルバム『30』(2019年1月23日発売)
全12曲入り・初回限定盤(CD+α)と通常盤(CDのみ)の2仕様


■電気グルーヴ30周年“ウルトラのツアー”
2019年3月2日(土) 福岡 Zepp Fukuoka
2019年3月8日(金) 岡山 Yebisu Ya Pro
2019年3月10日(日) 大阪 Zepp Osaka Bayside
2019年3月15日(金) 東京 Zepp Tokyo
2019年3月16日(土) 東京 Zepp Tokyo


http://www.denkigroove.com/info/archive/?501351

2018年11月21日 (水)

『Saravah Saravah!』高橋幸宏×まりんインタビュー

Livedoor Newsによるインタビュー記事です。

http://news.livedoor.com/article/detail/15621509/

2018年10月 1日 (月)

小山田圭吾×まりんYMO対談

YMO40周年企画でまりんと小山田圭吾の対談映像が公開されています。

https://www.youtube.com/watch?v=epSxIww7zik

2018年8月13日 (月)

RSR2018レポート

今年のRSRは両日とも雨に見舞われてなかなか過酷でした。
1日目は15時の開演からパラパラと降り始めて、電気の後のサカナクションの中盤あたりから土砂降り状態。

2日目も降ったり止んだりの繰り返しで、会場内はいたるところでぬかるんでました。
1日目の電気のライヴのセットリストは下記の通り。

1. Fallin' Down
2. モノノケダンス
3. いちご娘はひとりっ子
4. Shame
5. Shameful
6. Man Human
7. Baby's On Fire
8. Slow Motion
9. ユーフォリック
10. 燃える!バルセロナ
11. 人間大統領

MC無しのノンストップ50分のライヴ。
7曲目で瀧さんがステージ下のお立ち台に立って客を煽ってました。
8曲目からはギターで吉田サトシさんが参加。
10曲目でまさかの日出郎さん登場。

ということで、3月の「クラーケン鷹」公演の縮小版という様相を呈してました。
大阪公演で聴けなかった「Slow Motion」やってくれたのが嬉しかったです。

日出郎さんのInstragramに当日の写真がUPされているので、紹介しておきます。

Rsr2018_1

Rsr2018_2


翌日のSonixtationはほぼ卓球さんしか見ず。
毎年恒例でかけていた「The Rising Suns」はかけず、自身の曲では「Rapt In Fantasy」とか「DayLights」、「Suck Me Disco」をかけてました。
雨で疲れもあったので、Ken Ishiiはチラっとだけ見て帰宅したのでした。

Rsr2018_3

Rsr2018_4

2018年7月21日 (土)

日出郎「燃える!バルセロナ」リリースまとめ

■「燃える!バルセロナ」
配信版 (2018.02.28リリース)
Hidero_moerubarcelona_flie
1. 燃える!バルセロナ
2. 燃える!バルセロナ (Instrumental)

■「燃える!バルセロナ」
12インチアナログ (2018.04.18リリース)
Hidero_moerubarcelona_12inch
A-1. 燃える!バルセロナ (Takkyu Ishino Extacy-Extended Mix)
B-1. 燃える!バルセロナ
B-2. 燃える!バルセロナ (Instrumental)
B-3. 燃える!バルセロナ (Hiderocappella)

■「燃える!バルセロナ (Takkyu Ishino Extacy-Exetended Mix)」
配信版 (2018.05.23リリース)
Hidero_moerubarcelona_12inch_2
1. 燃える!バルセロナ (Takkyu Ishino Extacy-Exetended Mix)
2. 燃える!バルセロナ (Takkyu Ishino Extacy-Exetended Mix/Instrumental)

2018年4月 1日 (日)

aibo×石野卓球

卓球さんがaiboの鳴き声やサウンドを元に楽曲を制作。
ミュージックビデオが公開されています。

http://amass.jp/102869/

2018年3月21日 (水)

「クラーケン鷹」東京公演レポ

ナタリーにあがってました。
https://natalie.mu/music/news/274334

大阪は基本的にゲストも含めて東京と同じ内容でしたが、東京では若干曲が追加されてますね。
「Slow Motion」と「猫夏」は大阪では演奏されませんでした(「猫夏」はちょっと曖昧ですが、「柿の木坂」から「UFOholic」に流れていった記憶です)。

「いちご娘はひとりっ子」は歌詞が変わっていて、“カセットコンロ持って待って 市場イチのべっぴん”みたいな内容だったと思います。
「March」も昨年のTropical Loveツアーのときと同じような歌詞だったかと。
オリジナルで“ちょっと切ないね”のところを“3月はマーチ”と歌っていました。
あと「顔変わっちゃってる。」だったと思いますが、ブレイク明けのところで少し曲を止めて客を煽るという演出がありました。

2018年3月12日 (月)

卓球未発表曲「Taiyo no Tou」

Soundcloudにて公開されています。
1999年の冬にレコーディングされたとのことなので、『Throbbing Disco Cat』のリリース前後というカンジでしょうか。

https://soundcloud.com/takkyu-ishino/taiyo-no-tou_recoreded-in-1999-winter

卓球×Mark Reeder対談

2018年3月 9日 (金)

「クラーケン鷹」大阪公演レポ(ネタバレなし)

2018年3月3日に開催されたライヴ、クラーケン鷹に参加してきましたので、簡単にレポ。

2階席だったため、開演30分前の19時頃に会場着。

20180303dglive1

20180303dglive2_3

20180303dglive3_2


まずはグッズを買うべく物販の列に並びますが、この時点で2階まで延びてました。
なんとか開演5分前に購入。
この時点でポプテピピックコラボTやトートバッグ、ポロシャツなどは売り切れておりました。

ライヴの方はちょっと意外なレア曲がありつつ、アンコールでもちょっとしたサプライズが。
MCは卓球さんが暴走して瀧さんがそれを丁寧に拾って…という最近のパターン。
最初のMCに入ったときに卓球さんと牛尾さんが揃ってトイレに行って、戻ってきてからが長くて20分くらいしゃべっていたような。
牛尾さんも2回目のトイレに行ったりしてました(笑)。

主なMCネタは以下の通り。

・今回のツアーは大阪1日と東京2日。これでツアーと言っていいのかってところだけど。
・名古屋を飛ばしたのに大阪は売り切れなかった。東京とかから来てる人もいるのに。うちらロマンポルシェよりは上だと思ってる。
・「目」って日本語すごくない? 英語だと「eye」じゃん。メだよ、メ!
・キ○タマの毛を剃ってる人にどうやって剃ってるか尋ねたら、タマの部分を伸ばして剃ってるっていうのを聞いて、「タマを伸ばして剃るですかー」って返したんだけど、これロシア語っぽくない?
・Twitterでさくらんぼブービーのカジくんに「カジくんじゃない?」って送ると「うん!」と返してくれる遊びをやってる。で、最近梶芽衣子さんがTwitter始めたからそっちにも絡もうかな。カジヒデキには1回送ったけどリアクションなかった。あと宇梶さん。宇梶さんとか絶対現場で会わないもん。
・日出郎の「燃える!バルセロナ」の印税がすごく安い。もともとカヴァーだから。日出郎とかエンジニアはちゃんとギャラもらってるのに俺は安い。でもいい。出したかったから。
・今月中に瀧と兜合わせ(イチモツをクロスさせる行為)をしたい。お互い顔見ながらだとできないから、それぞれで起たせてせーのでやる。
・ライヴを最前列で観るヤツ。モニタースピーカーからの音の方がデカいだろ? 後ろから押されてこんなんなっちゃってな。(と、顔を歪めて押されてる様子をマネをする)
・MCの間棒立ちしてる人、せめて意味がわからないのか敵意があるのかだけ教えて。
・芸人は舞台で喋るのが仕事だけど、俺らはMCがオフの状態だから。MCの練習してたらヤバいでしょ。
・瀧と話したいから二人にして。もうみんな帰っていいよ。お代は返さない。グッズだけ買って帰って。ほんとそれだけ。

なお、アンコール前のMCは「結構もういい時間だぜ?」ってことになって短かめでした。
20180303dglive5

より以前の記事一覧