« 卓球『ACID TEKNO DISKO BEATz』他インタビュー | トップページ | 「クラーケン鷹」大阪公演レポ(ネタバレなし) »

2018年2月25日 (日)

「虹」ドイツ盤シングル発売のいきさつ

気付けばしばらく放置しておりまして、今年初の投稿となりました。

先日のDOMMUNEにドイツのテクノレーベル、MFSのMark Reederとともに卓球さんが出演。
1996年にMFSから電気グルーヴの「虹」がリリースされるまでのいきさつが話題に上っていましたので、備忘録として残しておきます。

Dg_nijithemfsremixes

Tobyが運転する車の中で、何の説明もなくMijk Van Dijkが「虹」をカーステレオでかける(当時カセットテープ)。
同乗していたMark Reederがそれを聴いて気に入り、ソニーに自分のレーベルからリリースしたいが可能かどうか尋ねると、「ドイツのソニーでリリース予定がないなら大丈夫だよ」との返事。
Markがドイツソニーに問い合わせたところ、「えっ、電気グルーヴ?? 誰だそれ? リリース予定なんかないよ」という回答だったことから、無事MFSからリリースすることに。
実際リリースすると2万枚のバックオーダーがあったりして、結局8万枚売れるヒットになった。
それを受けてドイツソニーからMarkに連絡があり、「あの~、なんかお手伝いできることない?」と言われけど、「残念だけどないね」と返した。

…というお話でした。
なお、卓球さんは「ドイツソニーの人と会ったこともない」とも(笑)。

ちなみに「Niji - The MFS Twilight Remixes」に収録されている「Niji (Go=Ten Forward Remix)」のリミックスを担当したTen Forwardは、Mark Reeder参加によるユニットです。

Dg_nijithemfstwilightremixes

« 卓球『ACID TEKNO DISKO BEATz』他インタビュー | トップページ | 「クラーケン鷹」大阪公演レポ(ネタバレなし) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603832/66435110

この記事へのトラックバック一覧です: 「虹」ドイツ盤シングル発売のいきさつ:

« 卓球『ACID TEKNO DISKO BEATz』他インタビュー | トップページ | 「クラーケン鷹」大阪公演レポ(ネタバレなし) »