« Join Alive 2017 電気ライヴレポ | トップページ | 石野卓球「Yappa TG」 »

2017年7月29日 (土)

「Denki Groove Decade 2008~2017」特別番組レポ

7月26日に放送された番組について、21時からのDOMMUNE先行特番から鑑賞しましたので、簡単にレポ。
 
<トークセッション>
・今回のベスト盤は、2人になってからの電気の曲を改めて聴いてもらいたいと思ったから。『Tropical Love』を好きな人は気に入ってくれると思う。名刺代わりに長く使えるものにしようと思って、DVDとか余計なものも付けなかった。
 
・ベスト盤と言ってもプレイリスト作ればいいじゃんって話じゃない。曲間も考えてるし、キムケンのマスタリングも素晴らしいから是非聴いて欲しい。
 
・「少年ヤング」はケラさんから「「N.O.」みたいなの作って」って言われただけ。瀧と新宿のホテルに篭もって歌詞作りをしたけど、すぐ出来てしまって時間を持て余してしまった。
 
・「モノノケダンス」の仮タイトルは「Rocco」だった。
 
・『J-Pop』は世間的な評価が低すぎる。
 
・『Yellow』は“3”にこだわって作った。「No.3」とか最高でしょ。
 
・『人間と動物』はいい具合に肩の力も抜けてすんなりできた。
 
・『25』は「25周年の歌」とか「Pan! Pan! Pan!」の歌詞が注目されちゃってるけど、「Baby's On Fire」がいちばんの収穫だった。
 
・ライヴサポートをしてくれているagraphはすごく優秀。最近は劇判で成功してるから、いつまでサポートやってくれるのか不安。逃げられないように今のうちに弱みを握っておきたい。
 
・Amazonのウチらのアルバムのカスタマーレビューが酷い。ホントやめてほしい。「ずっと同じ調子で盛り上がりがなく、ジジイのションベンみたい」ってなんだよ。
 
・電気のアルバムは今作ろうと思えばすぐできる。価値が下がるからやらないけど。
 
・『VOXXX』のときは、「自分たちの中にまだ何かあるんじゃないか」と思って試行錯誤しながらレコーディングしてたけど、今はそういうのはなくなって楽になった。
 
・ライヴは楽しい。特にフェスでうちら目的じゃない人たちの前でやるのが楽しい。ファンの前でやるのももちろんいいけど、ちょっと行き詰まり感がある。
 
<トーク内で流した曲>
・「ズーデザイア」のボツ歌詞Ver.
・「少年ヤング」のデモ
・「モノノケダンス」のデモ
・レコーディングセッション音源(Kraftwerkの「Man Machine」のリフをリピートしたものにヴォーカルやリズムを入れていったもの)
 
 
<ライヴ>
1. 人間大統領
2. 顔変わっちゃってる
3. プエルトリコのひとりっ子
4. いちご娘はひとりっ子
5. Missing Beatz
6. Shameful
7. Fallin' Down

« Join Alive 2017 電気ライヴレポ | トップページ | 石野卓球「Yappa TG」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603832/65592509

この記事へのトラックバック一覧です: 「Denki Groove Decade 2008~2017」特別番組レポ:

« Join Alive 2017 電気ライヴレポ | トップページ | 石野卓球「Yappa TG」 »